スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
マリンスキーバレエを見終えて
アンナ・カレーニナ

ローパトキナ出演の日を観ました。
この作品が初演された時に、バレエ初の3D映像ということで話題になったと記憶しています。セットが無く映像というところは好き嫌いが分かれるかなと思いますが、長編作品を2時間にコンパクトにし且つ状況に合うセットに出来たということでは良かったのではないかと。
列車の回転する場面は映画のワンシーンを見ているようで美しかったです。
演劇的な作品でロパートキナをみるのは初めて。彼女のアンナは、一見クールに見えるけど内に情熱を秘めている女性という感じだった。動きのひとつひとつが美しかったです。
ビックバレエで好印象だったエルマコフも良かったです。
最後の終わり方がちょっとあけなかった気もします。ヴロンスキーが出兵する場面を入れてもよかったのかなと思った。衣装も素敵だったけど音楽が終始暗く一本調子だったのが残念。


<キャスト>
アンナ・カレーニナ:ウリヤーナ・ロパートキナ
アレクセイ・カレーニン(アンナの夫、ペテルブルグの高級官僚):ヴィクトル・バラーノフ
セリョージャ(アンナの息子):ルスラン・シデルニコフ
アレクセイ・ヴロンスキー伯爵(ペテルブルグの近衛騎兵大尉):アンドレイ・エルマコフ
ヴロンスカヤ伯爵夫人(アレクセイの母):エレーナ・バジェーノワ
エカテリーナ・シチェルバツカヤ公女(キティ、シチェルバツキー公爵の娘):スヴェトラーナ・イワーノワ
シチェルバツキー公爵(モスクワの貴族、キティの父):アンドレイ・ヤコヴレフ
シチェルバツカヤ公爵夫人(キティの母):オリガ・バリンスカヤ
ステパン・オブロンスキー(スティーヴァ、アンナの兄):アレクサンドル・セルゲーエフ
ダリヤ・オブロンスカヤ(ドリー、ステパンの妻でキティの姉):ダリア・ヴァスネツォーワ
コンスタンチン・リョーヴィン(オブロンスキーの友人):アレクセイ・ティモフェーエフ
ベッツィ・トヴェルスカヤ公爵夫人(アンナの友人でヴロンスキーの従妹):アレクサンドラ・イオシフィディ
エゴールシュカ・コルスンスキー:ミハイル・ベルディチェフスキー
皇帝:ピョートル・スタシュナース
皇帝の副官:ソスラン・クラーエフ
トゥシュケーヴィチ:カレン・イオアンニシアン
大臣夫人:ヴィクトリア・クラスノクツカヤ

カレーニン家の使用人-
セリョージャの乳母:エレーナ・セラピナ
カピトーヌイチ:ウラジーミル・ポノマリョフ
アヌーシュカ:ナターリヤ・ドゥゼヴリスカヤ
若い男性の召使:ヴィクトル・リトヴィネンコ
若い女性の召使:オリガ・ベリク

イタリア人カップル:オリガ・ミニーナ,ドミトリー・ヴァデネーエフ
新聞とレモネード売り:キリル・レオンティエフ
女性の乞食:アナスタシア・ペトゥシコーワ
駅の男性の乞食:アレクセイ・コピエフ=ニコラエフ
憲兵:マキシム・ブィストロフ


ラ・バヤデール

好きな作品なので楽しみにしていた。
長身な女性ダンサーは苦手な人が多いので、高身長のコンダウーロワだから少し不安だったのですが杞憂でした。彼女のニキヤは神秘的で美しかったです。
ソロルを踊ったイワンチェンコのサポートは上手くて安定しているし、飛躍や決めポーズの美しさに惚れぼれ。あと印象に残っているのが、アヘンを吸って寝転がっているイワンチェンコが想像以上に大きかったこと(笑)
急遽、出演することになったエフセーエワも高慢ちきなガムザッティを熱演。女の戦い見ごたえありました。
前評判があまり良くなかったですが、影の王国のコールドも美しかったです。

結婚式の列が豪華でした。
ソロルが乗ってきた像が可愛かった。それから、祝い物(?)トラの置き方がちょっと変というか、着ぐるみの用な立体感があって今にも立上がりそうな感じがした。トラのお腹を踏みつけるというソロルの行動にはびっくり。


<キャスト>
ニキヤ(寺院の舞姫):エカテリーナ・コンダウーロワ
ドゥグマンタ(藩主):アンドレイ・ヤコヴレフ
ガムザッティ(藩主の娘):エレーナ・エフセーエワ
ソロル(戦士):エフゲニー・イワンチェンコ
大僧正:ソスラン・クラーエ
トロラグワ(戦士) :カレン・イオアンニシアン
奴隷:コンスタンチン・ズヴェレフ
マグダヴェヤ(托鉢僧):ミハイル・ベルディチェフスキー
アイヤ(ガムザッティの召使):エレーナ・バジェーノワ
ジャンペの踊り:ヴィクトリア・クラスノクツカヤ
         ユリアナ・チェレシケヴィチ
マヌー(壺の踊り):エレーナ・フィルソーワ
舞姫たち(バヤデルカ):アンナ・ラヴリネンコ
           エレーナ・チミリ
           ナデジダ・バトーエワ
           スヴェトラーナ・イワーノワ
グラン・パ・クラシック:ヴィクトリア・クラスノクツカヤ
            ダリア・ヴァスネツォーワ
            ヴィクトリア・ブリリョーワ
            ユリアナ・チェレシケヴィチ
            アンドレイ・エルマコフ
            アンドレイ・ソロヴィヨフ
インドの踊り:アナスタシア・ペトゥシコーワ
         イスロム・バイムラードフ
太鼓の踊り:オレグ・デムチェンコ
金の仏像:キム・キミン
精霊たち:マリーヤ・シリンキナ
     アナスタシア・ニキーチナ
     ダリア・ヴァスネツォーワ





あまりににも素敵なカップルだったので写真アップしました。


P1030817_20121125203633.jpg

スポンサーサイト

テーマ:バレエ - ジャンル:学問・文化・芸術

[2012/11/25 19:54] | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<東京ステーションホテル フレンチトースト | ホーム | マラーホフの贈り物 公演詳細>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://june1112.blog68.fc2.com/tb.php/284-7e0ee1d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。