スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
バーミンガム・ロイヤル・バレエ 眠れる森の美女
久しぶりのバレエ鑑賞~♪
BRBの舞台セットや衣装は全編を通してゴールドが基調となっていて、とてもゴージャス!でも、派手という感じではなく上品で落ち着いた感じ。
ピータ・ライト版は、他の版にはないオローラ姫が目覚めた後の王子とのパ・ド・ドゥがあるということで楽しみにしていました。パノラマのヴァイオリンソロに合わせて踊るPDDはロマンティックで素敵でした。他の版にも入れてもらいたいぐらい。
リラの精に導かれオーロラのもとに行くのにゴンドラには乗らず歩いていくのが新鮮だった。リラの精とカラボスのマイム対決も珍しいかも。

オーロラの佐久間さん、しっとりと女性らしくて良かったですが、誕生日の場面ではもう少し溌溂とした可愛らしさがあったほうが好みかな。王子のツァオ・チーのスピーディー且つ正確な技を観ていると、登場したときよりも一回り大きくみえてきました。つま先もしっかりと伸びていて美しかったです。
二人のグラン・パ・ド・ドゥ、また観られると良いな。
他に忘れられない場面。
幻のオーロラが消えってしまったあと、コールドがその行方を促すような場面があります。一列に並び手を差し出す姿は足元にスモークがかかり幻想的で美しかったです。

鎌倉は思っていたより時間がかかったけど、思い切って行って良かったと思いました。

youtubeのパノラマの演奏。映像も素敵。







スポンサーサイト

テーマ:バレエ - ジャンル:学問・文化・芸術

[2011/05/15 16:32] | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<鎌倉観光 | ホーム | 英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ 鎌倉公演>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://june1112.blog68.fc2.com/tb.php/188-664c204a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。